〜自分が変われば世界が変わる:幸せのみつけ方〜

意識の向け方、物事の捉え方ひとつで人生が大きく変わります。今を幸せな時間に変えられたら、未来は必ず豊かになる。頑張るあなたの♡を温めるメンタルトレーナーやまちゃんのあなたのための応援歌です。

「おはよう」その③…+αから始まるコミュニケーション

 

f:id:touria:20160405135538j:plain

こんにちは、Touria(トゥーリア)のやまやです。

 

春は何かをスタートさせるのにいい季節です。自分のコミュニケーションを受け身から働きかけのアプローチに変えてみるのもひとつの変化になります。

 

公私ともに使える便利なコミュニケーション「おはよう!」

 

挨拶は相手に伝わって初めて「挨拶された!」と認識されます。コミュニケーションとは会話のキャッチボールです。

 

自分の挨拶に相手が無反応な場合は「聞こえていない」のかも。

これは声の大きさだけの問題ではなく、存在をアピールする力強さにも関係します。

 

お腹(おへその下のくらい)に「ぐっ」と力を入れて「あの人に挨拶する!」という意識を持って言葉を飛ばす。

これができると声をかける前に相手はあなたの気配を察知して、振り向く、という現象がおきます。

 

コミュニケーションは面と面、face to faceで出来ると気持ちがいいですよね♪

 

これを数日間繰り返すと自分の意識の中にその相手ごとの「いつもの状態」が無意識にインプットされていきます。

 

「おはよう!」の瞬間に相手に何か「あれ?」っと感じたら、それは相手の「いつもと違う変化がある時」。

その変化をスルーするのではなく、ちょっと考えてみる。

 

あ!髪型が違う。

あ!ネクタイが違う。

あ!顔色がいい。

 

もしポジティブな変化で、かつあなたがそれを本当に「いいな!」と思えたのならば言葉にする。

 

それが「おはよう」+α(プラスアルファ)

 

人は皆、心の奥底で人に認めてもらいたい、という気持ちを持っている。

 

自分のちょっとした変化に気づいてもらえると嬉しいし、心強い。

 

「おはよう!…あれ?今日はいつもと何か違うね〜なんかすごくいい感じ!」

 

これだけでもいい。

 

たったそれだけでも相手からの反応がいつもと変わる。

 

「おはよう。ありがとう!実はね、…」

なんて会話が始まる。

 

なにより「ありがとう」と言われたりすると、こっちはなんだか気恥ずかしくて「いやいやぁ〜」なんて気持ちになるけど、素直に嬉しいと思う。

 

なぜなら『自分が本当に思ったことを伝えて』喜ばれたから。

 

この「プラスアルファ」はテクニックだけで使うと、時としてあざとさが相手に伝わるから要注意。

 

「ほんとはそんなこと思っていないくせに…なんの狙いがあるの?」と、かえって寂しい結果を招くこともある。

 

人と向きあうコミュニケーションをしていると、相手の変化や心がわかるようになる。

 

言葉にして伝えるという、+αプラスアルファもあれば、

黙って寄り添う、+αプラスアルファもある。

 

あなたらしい「プラスアルファ」。そこから始まる新しい人間関係がきっと素敵なsomethingを運んでくれます。

 

by Touria