読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜自分が変われば世界が変わる:幸せのみつけ方〜

意識の向け方、物事の捉え方ひとつで人生が大きく変わります。今を幸せな時間に変えられたら、未来は必ず豊かになる。頑張るあなたの♡を温めるメンタルトレーナーやまちゃんのあなたのための応援歌です。

人生は表裏一体。陰があれば、陽もある。辛い時期の『陽』の記憶。

f:id:touria:20170326151633j:plain

みなさん、こんにちは!メンタルトレーナーのやまやです。

 

なかなか陰湿で厳しい「やっつけられ方」を四方八方から受けていた私です。

 

でもね、そればっかりじゃぁなかったんだよね。

………

この人事部での2年間には2種類の記憶がある。

 

①陰湿な嫌がらせを受け、怒りと悲しみで自信喪失している私

 

②先輩達に可愛がられ毎夜飲み歩きいろんな経験をさせてもらった私

 

陰と陽が混在している。

 

自分を振り返って確信するのは


人生に陰が100%はないということ。


陰があれば必ず陽の部分もあるのです。

 

そのどっちに自分の意識を

フォーカスするのかが

自分の今と未来にとって重要なのです。

………

私はこの陰の記憶をすでに手放しています。

私の場合は、ひとつの紹介事例として

記憶を意識的に生かしているだけだからね、

こうして話していても陰に引っ張られることはありません。

……… 

 

②の陽の記憶にフォーカスして思い出すのは

とにかく楽しかった日々。

先輩達とハチャメチャに楽しんでいたのもあの2年間だ。

 

ある調理場の先輩は、

「やまや!クロワッサンは焼きたてが一番旨いから

今焼けたから喰いに来い!」

 

購買部門の先輩は

「やまや、飲みにいくよ〜!」

 

そして人事の先輩は私を末っ子の如く面倒を見てくれていた。

 

ある年のお花見は本当に楽しかった。

発電機を持ち込み休みの人が朝から場所取り。

総料理長から最高級なお肉の差し入れや

お酒も山ほど。

とても贅沢で至福のお花見は最高の思い出だ。

 

そう。私には楽しかった時間もあったのだ。

 

前職の訓練の賜物で

無意識でも「微笑みの顔」が通常モードだった私は、

 

意地悪をされた直後であっても

悲しいかな、微笑み顔。

 

だから先輩達に

 

「お前はいっつも笑ってんな。

悩みなんてないんだろ〜?」

 

「やまやはいつも笑っているからそばにいると楽しいよ」

 

って言われていた。

 

「え?私、嫌われ者だし、今こんなに辛いのに…

幸せそうに見えるんだ…」

 

なんかね、嬉しかった。

 

バカだの、クソ女だの言われ過ぎて

もう自分はダメなヤツなんだ…って思っていたから、

 

私が誰を明るく出来ているなら

自分は存在している意味があるんだよなぁ、って思えた。

 

だからね、

元気いっぱい笑顔でいつもこう答えていた。

 

「あははー!そうだよ〜

私に悩みなんてあるわけないじゃぁーん!」って。

 

私を傷つけない優しい人達に

余計な心配はかけたくなかったし

 

これ、イジメの本質だけどね、

 

イジメをする人間って

誰になにを言われようと

イジメる対象への「感情」は

変えられないんだよね。

 

第3者が介入すれば

「余計なことを言った」ということで

その憎しみは倍増するし、

そのイジメはより陰湿で

激しくなる、

 

それを本能で知っていた私は

自己防衛としても、

誰にも言わないでいた。

 

私は平気。私は大丈夫。

アイツらになんか絶対に負けない。

頑張る!

 

自分にそう言い聞かせていた。

頑張ったらなんとかなる、って信じていた。

………

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

 

*********************************************************************

【頑張る人☆サポート企画】

春のステージアップ応援セッション

スタートに向けて準備中のあなた!

新しいサイクルをスムーズに始動させるための最終調整をお手伝いします。

波立つ心を穏やかに鎮め、元気パワーを注入する、頑張るあなたへの応援セッション。不安を解きほぐし、勇気を与える60分です。

 

60分  ¥5,000 (Skypeセッション/札幌市内は対面もOK)

お問い合わせ | Touria ←こちらからお申し込みください。

 

※3月限定の半額キャンペーンです。期間中は何度でもこの金額でご利用ください♬

 

***********************************************************************************