〜自分が変われば世界が変わる:幸せの作り方

幸せは自分でどんどん作り出す!!メンタルトレーニングで幸せマインドにジャンプアップ!Happyは自分から♡周囲ももれなく幸せになるから大丈夫ですよ〜”Let's make HAPPINESS!!”

ヒヨコの育て方…言葉尻よりも本質を見る

f:id:touria:20170404133448j:plain

みなさん、こんにちは!メンタルトレーナーのやまやです。

 

新年度になり新卒さんの季節になったので

ヒヨコの鳥説…いや取説を(笑)

………

私は何回も話していることですが、

今の日本は本当に価値観がバラバラです。

 

世代間でまず全然違う。

育ち方・育てられ方の変化や

社会の変化ですよね。

 

若者人口が多かった時代は

限られた椅子・チャンスに対して

人が単純に多かったから

競争だったよね。

 

少子化になるとね、

椅子が余っているんだよ。

さらにね、親達が子供を競わせないようにしてきたよね。

 

成績を張り出さない。

運動会で順位をつけない。

 

人と競いたくない、って若者はいいます。

 

だからね、昔みたいな競争の原理からの

モチベーション発火ってあまり効果ありません。

 

コミュニケーションが苦手だけど、

心の底ではコミュニケーションに飢えています。

そこがね、ポイント。

………

新人さん、言葉遣いがなっていないことが多いですよね。

敬語が使えない。

 

一般常識では

「〜です。〜ます。」が正解。

 

でも「〜っす。」って男の子多い。

こっちからすると、失礼だろ!って思いますよね。

 

あれね、一応彼らの敬語なんです。

 

よく聞いているとね、

ちゃんと尊敬する人に対して使っているんです。

 

「そうっす!」

 

いや、でも社会人では許されないよ。

なんとかしなきゃなんないけど

イチイチ指摘するのは

逆恨みされちゃうし、

こっちもキツいよね。

 

じゃぁどうする?

まず、彼らの

 

表情・言葉への熱量・目線・態度

(ノンバーバル:非言語)

 

を見て欲しいのです。

あ、ヤル気がないわけじゃ、ないんだなと

わかるはず。

 

で、アプローチのご提案。

 

言葉尻を注意する前に

話の内容に対してフィードバックする。

 

これ円滑コミュニケーションの極意よん♬

 

で、最後に肝をおさえる!

 

「最後にすごく大事なこと。

〜っす、じゃなくて、

〜です、だよ。言ってごらん?」

 

と伝える。感情的にならないってことだよ

 

面白いのはね

 

「え?!俺、〜っす、って言ってるっすか?

「ます」って言ってるつもりっす」

 

って会話になること多し(笑)

 

そーゆー時は脱力感を抑えて(笑)

 

「いや、今もずーっと ッす、って言ってるよ。

気づいてないなら、

これからしばらくは

気づいたら指摘するよ、いい?

 

って展開に持って行くと

 

「はい、おねがいします!」

ってなります。

 

「言い方指摘する」ことの共通認識を作るっておくと

 

何度も注意しても

嫌みにならない。

 

相手もふて腐れない。

 

コミュニケーションが取れる。

 

案外数週間でこの言葉尻は直ります。

直ったら

 

「おっ!直ったな!」って

 

『いいね』してやってよね。

 

案外こんなことから

ヒヨコはあなたに

食らいついてきますよ!

 

ヒヨコは「尊敬出来る人」を探しています。

自分と本当に向き合ってくれる人を探しています。

心のスイッチが入ったゆとりのヒヨコちゃん達は

 

これまでのどの世代よりも

最強の未知数の力を発揮します。

……

突っ込みどころしかないヒヨコだからね、

なにかひとつ「お約束」をつくるといいかもね。

 

頑張れ、親鳥先輩陣!

昔ヒヨコ、今お局のやまちゃんが

僭越ながら応援しています!

 

*****************************************************************

メンタルトレーナーやまやの

 個人セッションメニュー | Touria

『心の元気カフェ〜心のコーヒーブレイク』

↑なりたい自分になるために「心のデトックス

 

『心のストレッチ〜メントレ×コーチング』

あなたの夢を叶えます。あなたが変われば世界が変わる↑

    Skypeセッションも承ります…

*****************************************************************