〜自分が変われば世界が変わる:幸せのみつけ方〜

意識の向け方、物事の捉え方ひとつで人生が大きく変わります。今を幸せな時間に変えられたら、未来は必ず豊かになる。頑張るあなたの♡を温めるメンタルトレーナーやまちゃんのあなたのための応援歌です。

やまちゃんの地球放浪記:ロンドン編〜バスを降ろされビックリ仰天の巻

f:id:touria:20170407160310j:plain

みなさん、こんにちは!メンタルトレーナーのやまやです。

 

海外に出ると日本の良さがよくわかる。

日本の交通事情は素晴らしいって思いますのよ。

……

Mちゃんに最初に言われたのは

「時刻表ってあってないようなものだから」ってこと。

 

 

まず、チューブも普通に遅れるし止まる。

 

ある年の大晦日。

Mちゃんとカウントダウンパーティーに行くために

チューブに乗ったら、全然動かない。

 

5分経過。

車内アナウンスもない。

でも、ロンドンッ子は慣れたものなんだね。

車内の誰も文句言わず、ただ黙って乗ってる。

 

やっとアナウンス流れたけど

「いつ動くかわからない」とのこと。

乗客のほとんどが結構呑気に動くまで待つみたい。

 

私達はキャブを使うことにした。

 

チューブ以上にバスは時間通りに来ない。

 

でもMちゃんといると、来たバスに乗れるから安心♬

だって、全ての乗り継ぎパターンが彼女の頭の中に入っているから、間違いない!ひたすらついていく。

 

でもさぁ、Mちゃんって案外スパルタ(笑)だから

前置きなしの直前で

「やまや、降りるよ!」と言ってササッと降り、

 

もたつく私が気づくとMちゃんは遥か前方を爆走し、

「やまやぁー!次のバスに間に合わないよ!」って叫んでる。

 

…Mちゃんってば鬼ッ!(涙)

 

一体何回、Mちゃんとロンドンの中心地を爆走したんだろうな…(笑)

 

Mちゃんがいないと、私のバス乗換バリエーションはわずか。

とにかく複雑過ぎてわかんないんだよ。

 

そんなある日の夕方。

冬だから5時過ぎると真っ暗。

 

乗り込んだバスでボンヤリしていたら

急にバス車内の電気が消えた。

 

真っ暗になって、エンジンが切られる。

 

なんだ、なんだ?!

 

って車内騒然。私もドキドキ。

 

そーしたらさ

 

「今日はここが終点!

ボクのシフトが終わったから、全員降りて」

 

途中の停留所なのに、当然の口調で運転手が言う。

 

はぁぁ〜?!

信じられない!

 

なんだそれ?!

 

「こんなとこで降ろされてどーするんだよ!」って言う乗客に

 

「次のバスに乗れば〜」って言い残して

バスは去っていった。

 

暗くて寒くて知らないトコに落とされるなんて最悪だぁーー!

 

その時はなんとか次にいいバスが来たから助かったよ~

………

しかしさぁ、公共の乗り物にしては、

ちょっと自由するぎると思わない?!

 

”シフトが終われば仕事終了。乗ってる客も降ろします!”って

すごい発想だけど、これも国が違えば、ですね。

 

待ち合わせたMちゃんに話すと

「よくあるよ〜。でも、やまやと無事にあえてよかったよ」って

ガハハと笑っていた。

………

今日も最後まで読んでくれてありがとう!