〜自分が変われば世界が変わる:幸せの作り方

自分軸☆しなやかな心と強いメンタルを作るメンタルトレーナー山屋のブログ。世の中に大勢いる愛すべき『自分に厳しい頑張り屋さん』達に捧げるちょっと熱くて長めの愛と応援のメッセージ。

なくて七癖?……おっさんから女の子へ。おばちゃんの愛❤

f:id:touria:20170908162224j:plain

 

みなさん、こんにちは!

メンタルトレーナーの山屋です♪

 

この夏、

脳裏に蘇った衝撃の言葉。

 

「あんた!それやめなさいッ!

 

  偉そうなおっさんみたいだよ」

 

………………

 

19歳の年末、友人に誘われてデパートの

お歳暮コーナーのバイトをした。

 

バイトの私は戦場並みに忙しいフロアで

ぽやぁ〜んとしている世間知らずな子。

 

でも、社員さんや各お歳暮メーカー担当のお姉さん達に可愛がってもらった。

 

某ハム売り場担当は

その道何十年のプロで

自称「おばちゃん」

 

みんな親しみを込めて

「おばちゃん!」って呼んでいた。

 

バイトにも慣れてきたある日の夜

おばちゃんにグイっと手を引っ張られ

 

片隅に連れていかれた。

 

 

ゲっ、なんかヤバいことした?

 

 

と不安げな私に投げかけられた

言葉が、それだった。

 

 

「偉そうなおっさん?…

 …なにが???」

 

ぼーーーぜんとする私に、

おばちゃんは畳み掛ける。

 

「あんたの歩き方!!

 

   ほれ!こーやって歩いてるんだよ!」

 

 「これじゃぁ、若くて可愛いのに

 

 全部台無しだよッッ!!!!!」

 

 

そう言いながら、

おばちゃんは私の目の前を

 

ドヤ感満載で歩いてみせた。

 

 

へ?

それ、アタシの真似???

 

 

いつも優しく感じのいいおばちゃんが

 

 

やぁ~なおっさん、に見えた。

 

 

そう!

 

ビールっ腹の偉そーなおっさん(笑)

 

ドラマに出てくる感じ悪い偉い人(笑)

 

 

 

ひゃぁぁぁっぁぁ〜!!!!!

それが、今のアタシなのぉーッ?!

 

 

しょーげき&ショック~(涙)

 

 

 

でもさ、おばちゃんはね、

意地悪でいったんじゃないんだ。

 

 

本当に私の将来を

案じてくれていた。

 

 

その証拠にね、

 

言いっ放しにせず、

 

その場で

具体的に指摘し、

指導してくれ、

 

ずっと見守ってくれた。

 

まず、私がおっさんの理由 (笑

 

それは、

 

私は歩く時に

手首の内側が進行方向に向くので

 

手の振りが外に開く。

 

そのため、仰け反り傾向になり

上半身が前に出る。

 

 

さらに私は背が高い。

ガタイが良くて、手も長い。

 

 

バッサ、バッサと歩くたびに

手が広がるため

 

デカさと偉そうな存在感で

ゆったりノシノシ

歩いていたわけだ…。

 

 

わかりやすくゆーと、

 

あたしゃ、

まるで芸人さんオードリーの

 

春日さんだったわけよ。

 

 

トゥスッッ!  って感じ。

 

そんなの嫌じゃん?

 

 

だから、すぐに行動開始!

 

おばちゃんに見てもらって

手首を内側にしてあるく。

 

ウォーキング…手首ぃ~…

ウォーキング…おっさんヤダぁ~…

 

 

脱・春日・やまやのために

 

おばちゃんが最後の日まで

チェックしてくれた。

 

 

だから今がある。だってさ、

おっさんウォーキングだった私が

 

その後早々に

接客トレーニングで

 

『キレイな立ち方歩き方』

 

のレッスンしてますからね~(笑)

 

 

無意識の癖を直せた、

 

という自信と経験が

色んなことに生きています。

 

……………

 

 

人って、

他人の欠点に目が行きやすい。

 

その欠点を指摘することは簡単。

 

だからこそ、安易な言い放ちは、

 

時に人を傷つけたり、

ヤル気を削ぐことになりかねない。

 

大切なのは

「じゃぁ、どうしたらいいのか?」

というポジティブな気持ちでの責任感という思いやり。

 

気づかないから

繰り返しているんだもん。

だから、改善のアドバイス

解決の為の伴走の姿勢。

 

これは、

 

おばちゃんが教えてくれた

人生の大切な学びです♪

…………

 

久しぶりのブログ更新です。

みなさん、お元気でしたか?

 

暦は9月。

さぁ、今年のラストスパート!

…の前に、

 

天高く馬肥ゆる秋♬

 

色々と自分を喜ばせてあげましょうね!

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう!