〜自分が変われば世界が変わる:幸せのみつけ方〜

人生はほんの少しの意識の転換、視点の変化でHappyの引き寄せ上手になれるのです。あなたの心が癒されて周囲に花開いていくことで幸せはどんどん加速します♬メンタルトレーナー山屋が元気パワーをあなたにお届けします♬

育成は人の為ならず…人を育てると自分が助けられるんだよ~

f:id:touria:20170518140328j:plain
みなさん、こんにちは!メンタルトレーナーのやまやです♬

情けは人のためならず

人に情けをかけることは回り回って自分が救われる(報われる)ことになるんだよ

ってことです。

世の中って循環しています。

誰かを助けると
誰かが助けてくれる。

誰かに「ありがとう」と伝えると
誰かに「ありがとう」と言われる

そんなものです。

先日ある男性が、

『今まで忙しいことを言い訳にして
人材育成を後手に回してたことを後悔した~』

と言っていた。「なぜ?」と聞くと

『火急の案件で職場を誰かに任せたかったのに…
誰も頼りにならず本当困った。
…はぁ。ちゃんと育てておけばよかった〜』

とのことでした。

確かにね、人を育てるのって大変だよね。

自分の仕事もあるのにさ、
こっちの思うようにいかないし、
育つまで時間がかかるし…
ふてぶてしい態度されるし(笑)

だから、
『自分でやったほうが早い!』と
全部自分で仕事を抱えて

駒のように部下を動かし急場をしのぐ。

結果、
言われたことしかしない、
出来ない部下ばかり。


気づきがチャンスッ!


「じゃぁどうする?」って振ると

『やるしかないっす!』と頼もしい答え。

自分が追い込まれて初めてわかる必要性。
だからこそ、ヤル気スイッチが入ったのですね。

優秀な部下が育てば
リーダーは心にも時間にも余裕が出来る。

部下は自分が出来ることが増え、
上司に頼られることで
喜びと自信が身につく。

でね。
年を取ると体力が落ちるじゃん。
せめて、気持ち楽になりたいじゃん。

だったら、いつまでも
「自分がやったほうが早い」は
やめようよ~

体力あるうちに
部下を育てる!

体力落ちる頃には
部下が自分を支えてくれる。

「僕達やっておきますから任せて下さい!」

な〜んて日が来るんだよ!
そーしたら、有難く
胸張ってのんびりするんだよ〜♪

その日のために、

日々、しっかりと部下を見て
諦めずにフィードバックし続けて
腹くくって、仕事をまかせる!

…で、期待しないで見守る。

期待しないと我欲が入らないから
イライラしないで済むんだよ!

気合の入った若きリーダーは
今回、カリスマ性のスイッチが入ったからね、
今後が楽しみです♬
…………

人って、
慕われて尊敬されることが喜び。

人を育成することは
巡り巡ってその至福に至れり、です。

あらゆる「人の育成」に費やした時間は
未来の自分の喜びと誇りとなることを
やまちゃんが保証しまぁーす!


今日も最後まで読んでくれてありがとう!